シンガポールF1サーキット 820x510 - 世界最大のカーレース

世界最大のカーレース

投稿者:

日本ではあまりメジャーではないですが、世界各国では多数のカーレースが開催されています。それらはマシンの魅力だけではなく、ドライバーの運転テクニックなどを楽しむことができ、多くの車ファンを魅了しています。

そこで本記事では、世界でも有名なカーレースを紹介します。

モナコグランプリ

モナコグランプリは、モナコ公国のモンテカルロ市街地コースで行われるF1世界選手権レースの一戦です。世界三大レースの1つとして数えられており、F1世界選手権レースの中でも最も注目度の高いレースです。

モナコグランプリ 300x194 - 世界最大のカーレース1929年に始まったモナコグランプリでは、161マイルものレースを疾走します。街中で開催されることからレースを間近で見ることができ、サーキットとは迫力が異なります。

モナコグランプリは世界で最も観戦者が多いスポーツイベントであり、影響力のあるレースということができます。

インディアナポリス500

インディアナポリス500は、アメリカのインディアナ州で毎年5月に開催されているカーレースであり、通称インディ500と呼ばれています。

インディアナポリス500 300x226 - 世界最大のカーレースモナコグランプリと同じく世界三大レースの1つとして数えられており、インディアナポリス・モーター・スピードウェイののオーバルトラック1周約4.023kmを200周、走行距離804.672kmのスピードを競います。

インディアナポリス500では、マシンは最高速度は380km/hでコースを疾走し、世界最速の周回レースとも言われています。

ル・マン24時間レース

上記の2つに加えて、世界三大レースの1つとして数えられているル・マン24時間レース。このレースはフランスのル・マン近郊で行われ、24時間のうちにサーキットを何周することができるかを競います。

ル・マン24時間レース 300x200 - 世界最大のカーレース昼夜関係なく24時間走り続ける過酷なレースであるため当然事故も多く、「ル・マンには魔物が棲んでいる」という格言も生まれました。

マシンの耐久性が肝心である同レースは、自動車メーカーにとっても自社の車の性能をアピールする絶好の場であり、ル・マンの勝利は非常に名誉のあることだとされています。

デイトナ500

デイトナ500は、モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズの開幕戦であり毎年2月の最終日曜日に開催されています。”グレート・アメリカン・レース”もしくは”ストックカーレースのスーパーボウル”とも呼ばれており、アメリカでは非常に有名なレースの1つです。

デイトナ500 300x185 - 世界最大のカーレースデイトナ500の開催時期である2月は他のスポーツがオフシーズンであることもあり、国民的スポーツとしての盛り上がりを見せ、毎年2000万人以上が視聴しているともいわれています。

デイトナ500では、コースを200周(804.672km)し、そのタイムを競います。

シンガポールグランプリ

シンガポールグランプリは、モナコグランプリと同じくF1選手権のレースの1つです。シンガポールはアジアで5番目のF1グランプリ開催国であり、モナコグランプリと同様に観光客誘致のために開催されています。そのため、経済効果は約89億円~約96億円とも言われており、世界各国からレースを見に観光客がやってきます。

シンガポールグランプリも街中にコースが設置され、周辺には高級ホテルやシンガポールの名物であるマーライオンなど多くの観光スポットが集まります。