注目の画像 仕事のできる整備士の見つけ方 820x480 - 仕事のできる整備士の見つけ方

仕事のできる整備士の見つけ方

投稿者:

自家用車や社用車を運転中に、何か変だなと疑問に思ったことはありませんか?車検でチェックしてもらっても、毎日車を利用していれば小さな故障が発生する確率は上がります。そんな時にお世話になるのが、自動車整備士。通常、ディーラーや自動車整備工場で勤務している整備士は、国家資格を取得しています。ここでは、困った時に助けてくれる優秀な整備士の見つけ方をご紹介します。

修理内容によって分類される整備士の仕事

まずは整備士の仕事内容を簡単におさらいしましょう。車をお持ちのみなさんが必ず受けなければならない「車検」は、点検整備と呼ばれています。走行距離や年数で劣化した部品を見つけ、事故を未然に防ぐ重要な役割を果たします。運転中に突然エンジンの調子が悪くなったり、事故で車体を破損してしまった時は、緊急整備が必要です。部品の交換や分解などを行い、実際に車が走行できるように修理します。オーバーホールとも呼ばれるエンジンやミッションなどを解体して修理する方法を解体整備と言います。これは国から許可を得た認定工場や指定工場のみが担当できます。

投稿画像 仕事のできる整備士の見つけ方 自動車整備士 - 仕事のできる整備士の見つけ方

様々な階級に分かれている自動車整備士の資格

優秀な整備士を見つけるには、自動車整備士資格の内容にも周知している必要があります。現在、自動車整備士資格は難易度ごと4段階に分かれています。上級整備士に従って修理を行う3級自動車整備士、単独で自動車検査を行う場合や整備主任者を目指す場合は、2級自動車整備士が適格です。更に高度な修理や責任者として現場の管理や指導も行える1級自動車整備士があります。より専門的な知識が必要とされる、車体やタイヤの整備には、特殊整備士資格が有益です。また、ガソリン、ディーゼル、シャシー、二輪といった車体ごとにも資格が分かれています。

コミュニケーションがたくさん取れるディーラー店舗

特定メーカーのみを扱う正規ディーラー店では、そのメーカーの最新モデルを扱う機会が多いため、整備に関しても最先端の情報を吟味した結果が入手できるでしょう。ディーラーに勤務している整備士は、点検内容の説明や問診を担当しているため、実際に会って話しを聞くことができるのも魅力です。ご自分で色々質問したい方や、メーカーの最新流行情報を知りたい方、その他車全般に関して整備士の意見やフィードバックが欲しい方は、ご利用車を扱うディーラーに勤務する自動車整備士に依頼しましょう。

プロフェッショナルとマルチタスクな整備士

とにかくスピーディに正確に修理を行い方は、整備工場に勤務する自動車整備士にお願いしましょう。整備工場では、点検整備、緊急整備、分解整備など、自動車整備に係るすべてを網羅しなければならなく、集中して作業する能力が求められます。職人気質な整備士をお探しなら、整備工場を選びましょう。また、多様なメーカー、車種、年式の車を扱い、車のコンディションを整え、買取用の査定作業も担当している中古車販売店での自動車整備士は、まさに整備士界のマルチプレイヤーと言えるでしょう。故障個所だけではなく、車の見積もりなども確認したい場合は、中古車販売店に勤務する自動車整備士にお願いしましょう。