車の三次元 820x510 - 最新のテクノロジーを備えた車を紹介

最新のテクノロジーを備えた車を紹介

投稿者:

近年テクノロジーの発展により、車も進化してきました。最新の車となると、まるでSF映画のような近未来的な車も登場しており、車は単なる移動手段以上の機能を備えるようになりました。そして、自動運転機能を備えた車も多く誕生しています。

そこで本記事では、最先端のテクノロジーを備えた車やそれらの特徴を紹介します。

ボルボ XC90

ボルボ XC90 300x222 - 最新のテクノロジーを備えた車を紹介ボルボ XC90は、快適性やラグジュアリーさだけではなく、ハイテク機能を搭載している高級車。

まず最初のハイテク機能はパーク・アシスト・パイロット。パーク・アシスト・パイロットとは、駐車をする際にドライバーに代わってハンドルを操作してくれる機能を指します。そのため、大きい車体であっても問題なく駐車することができます。

また、ボルボ XC90は、360度を確認することができるよう、4つのカメラが装備されています。そのため、周囲の状況に合わせて緊急時に自動的にブレーキを作動させたり、左折や右折時に危険を知らせてくれるなど、安全機能が多数用意されています。

日本での販売価格は799万円と、高級車の中では低価格で購入することができます。

アウディ Q7

アウディ Q7 300x200 - 最新のテクノロジーを備えた車を紹介アウディ Q7は、初代モデルからフルモデルチェンジをしており、最新技術を多数備えています。アウディ Q7は、安全機能にこだわっているのが特徴です。走行レーンを維持するアクティブレーンアシスト、高速道路での渋滞時に加減速、ハンドル操作をアシストをしてくれるトラフィックジャムアシストなどが備わっています。

また、従来のメーターを一新し、高解像度のディスプレイを設置することで、速度計、回転計、地図を表示しています。さらに、フロントウィンドウにナビゲーションを表示することもできます。

テスラ モデルX

テスラ モデルXは、縦に開閉するファルコンウィングドアを装備したまるで映画の中のようなハイテクな自動車。このドアやトランクの開閉は、17インチタッチスクリーンで簡単に行うことができます。

テスラ モデルX 300x148 - 最新のテクノロジーを備えた車を紹介

そして、外観だけではなく、機能面も充実。テスラ モデルXには8台のカメラと12個の超音波センサーがついており、周囲の車や歩行者から速度標識まで、情報を読み取ることができます。そのため、高度な自動運転機能が備わっていることが自慢です。

また、P75、100D、P100Dの3つのモデルを用意しており、P100Dのものであれば3.1秒で時速100キロまで加速することができます。

ベントレー ベンテイガ

ベントレー ベンテイガ 300x237 - 最新のテクノロジーを備えた車を紹介ベントレー ベンテイガはとにかく快適性を追求した高級車です。なんと同車は全シートにマッサージ機能を搭載しています。そして、後部座席にはリクライニング機能とフットレストを装備している他、前列シートの背面には、8インチディスプレイも装着しています

その他、エンジンはW12を装備していることに加えて、さまざまな運転支援機能を搭載しています。

ランボルギーニ チェンテナリオ

最後に紹介するのは、ランボルギーニの創設者フェルッチオ・ランボルギーニ生誕100周年を記念して製造されたランボルギーニ チェンテナリオ。値段はなんと2億を超えており、限定40台のみが製造されました。

ランボルギーニ チェンテナリオ 300x243 - 最新のテクノロジーを備えた車を紹介ランボルギーニ チェンテナリオは、カーボンやアルカンターラなどを使用したスタイリッシュなデザインが特徴です。また、ダッシュボードにの中央にあるタッチパネルには衛星ナビゲーションが搭載されており、インターネットやSNSが利用できます。

その他、速度によって伸縮する格納式の可変リアウィングと大型のリアディフューザーが装備されているなど、至る所に最新技術が採用されています。