赤と黒のフェラーリ 820x510 - 男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介

男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介

投稿者:

スポーツカーとは男性にとっての夢のような存在です。これまで多くのメーカーから多数のスポーツカーが生まれており、最新技術の誕生によりスポーツカーはよりクールなものへと進化してきました。

そこで本記事では、男性であれば誰でも一度は乗ってみたい、世界のベストなスポーツカーを紹介します。

ヘネシーヴェノムGT

ヘネシーヴェノムGT 300x200 - 男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介ヘネシーヴェノムGTは、世界最速ともいわれているファンにはたまらないスポーツカー。ヘネシーヴェノムGTはアメリカ製造メーカー、ヘネシーパフォーマンスがが製造しており、現在の世界最速の車としてギネス記録を保持している車両です。その最高速度は時速434kmであり、停止時から時速300kmに達する加速時間が13.63秒という加速力もギネスに登録されています。

価格が1億2500万円という驚きの値段ですが、ギネス記録を保持するスポーツカーとして多くの男性のあこがれの的となっています。

ケーニッグゼグ・アゲーラOne:1

ケーニッグゼグ・アゲーラOne:1は、スウェーデンの最高製造メーカー「ケーニッグゼグ社」の創業20周年を記念して製造されたスポーツカーです。最高出力は1115馬力から1360馬力まで大幅にパワーアップされていて、わずか2.8秒で時速100㎞まで達することができます。

ケーニッグゼグ・アゲーラOne 300x224 - 男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介車名のOne:1は、量産車としては世界で初めて、最大出力が1メガワット(1000kW=1360ps)に達したことを意味していて、発売当初は多くの注目を集めました。

シルバーを基調としたスタイリッシュなデザインや、軽量素材を駆使することによる1360kgという軽さも、ケーニッグゼグ・アゲーラOne:1の魅力の1つとなっています。

マツダ ロードスター

マツダロードスター車 300x260 - 男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介マツダ ロードスターは、1989年の発売当時から人気が絶えることがない日本国内での大人気のスポーツカー。ノスタルジー路線を基本コンセプトとしており、4世代以上ブレないクルマ造りを続けています。

そんなマツダ ロードスターは、SKYACTIV-G 1.5を搭載することにより、アクセルレスポンスとコントロール性を追求。そのため、車との一体感が生まれ、より爽快に運転ができるようになっています。

SSC・アルティメット・エアロ 

SSC・アルティメット・エアロはかつて世界最高速度としてギネス記録を保持していたスポーツカー。アメリカのスーパーカーメーカー、シェルビー・スーパーカーズによって販売されたもので、スポーツカーとしては破格の安さである6000万円で販売されました。

もちろんスピードが魅力ではありますが、翼のように開閉するガルウィングドアがついているのもSSC・アルティメット・エアロの特徴の1つ。そのため、近未来的なデザインであることからも人気を集めています。

SSC・アルティメット・エアロ 300x158 - 男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介

アストンマーティン One-77

アストンマーティン One-77は、アストンマーチンが販売したフラグシップスポーツカー。世界限定77台の実が販売され、そのうち10代は中東の富豪によって買い占められたといわれています。

アストンマーティンワン77カー 300x300 - 男心をくすぐる、最高のスポーツカーを紹介アストンマーティン One-77は、美しいデザインと高いパフォーマンスを実現した一台。アルミパネルは全て熟練の職人がハンドクラフトで仕上げており、2ドア2シーターのクーペでカーボンファイバーのモノコックを採用することでエレガントさを演出しています。

また、こだわっているのはエクステリアだけではなく、パフォーマンスにも力を入れています。48バルブ 7312 cc V型12気筒の自然吸気エンジンを搭載しており、大きな馬力を発揮することも特徴です。